更年期障害のホルモン補充療法

50才頃の閉経をはさむ、女性の45〜55歳が更年期に該当します。年齢に伴う身体・精神機能の変調とエストロゲン(女性ホルモン)の低下で、様々な不定愁訴(漠然とした身体的愁訴)をきたします。これを「更年期障害」といいます。更に子供の自立、閉経、ほかの病気への不安といった心理・社会的因子も関与してきます。

更年期障害の症状は非常に多く、月経異常に加え、のぼせ、冷え性、動悸、めまいなどの血管運動神経症状。頭痛、憂鬱、気分不安定など精神症状。肩こり、腰痛など運動器症状の原因となります。ただしこれらの症状は更年期障害以外でも起きるので、自己判断せずに内科、整形外科、精神科の診察を受けて、疾患の除外診断をしてもらうことが必要です。

医師は症状の程度を把握して治療を開始すべきかどうかを判断します。ホルモン検査(エストロゲン、ときにFSH・LH、甲状腺ホルモン)を調べるのが最善でしょうが、「簡易更年期指数」等で迅速に判定することも可能です。更年期症状を「強・中・弱・無」と点数づけして合計点で評価します。

更年期障害の治療は、自然に近い形で天然型エストロゲンを補充する「HRT(ホルモン補充療法)」が効果的です。エストロゲンの副作用も考慮し、黄体ホルモンの併用はもちろん。吸収が良く、肝臓を経由しない貼付薬が主流となっています。

HRTの適応は更年期障害のみならず、泌尿器症状の改善、晩期症状の骨粗鬆症、脂質異常症、それに続く動脈硬化・虚血性心疾患予防に有効です。

数週間に一度の混合彫るオモン注射、漢方薬も選択肢です。普及率が数%と欧米の十分の一に留まるHRTを見直す必要があります。現在平均寿命は80歳を超え、閉経後長期間低エストロゲン環境が続きます。