自覚症状が現れにくい性病(クラミジア感染症など)に注意

一昔前までは「性病」という名称で知られていた性感染症(STD:Sexually Transmitted Disease)は、性行為(オーラル・アナル等を介する行為も含む)により感染する疾患の総称で、パートナーの感染歴、不適切な治療などが原因で知らない間に感染させてしまいます。

風邪に似た症状も多い

淋菌感染症、梅毒、性器クラミジア感染症、性器カンジダ症などの性感染症は、症状が現れない「無症候感染」も少なくありませんが、男性は女性よりも性病の症状が強く現れる傾向にあります。

そのため男性は性器あるいはその周囲の痛み、かゆみ、違和感などの症状で異変に気がついて医療機関を受診する機会がありますが、自覚症状に乏しい女性の受診機会は少なくなっています。その結果、炎症が進行して感染を拡大させることになるのです。

以前は、梅毒を代表として局所症状が強く現れる性感染症が多かったのですが、現在はクラミジア、淋菌、性器ヘルペスなどは自覚症状が少なく感染に気がつきにくいものが中心となっています。なかでもクラミジアは患者が感染に気付かず無治療のままセックスを行うことが多いため、感染患者数は多くなっており、性病の患者のうち男性では45%、女性では60%がクラミジアに感染しています。

性器クラミジア感染症、淋菌などの患者を年代別に見ると、男性では20代後半〜30代前半、女性では20代前半となっています。若い女性に性病が広がっている背景には、性風俗の多様化、性行為の低年齢化が顕著になっていること、またオーラルセックスなどの性行為の多様化により、従来の性器から性器への感染ではなく、咽頭への感染が拡がっていることが挙げられます。

若年女性の感染は不妊、子宮頸がん、母子感染などの重大な障害につながる可能性があり、早期の治療が必要ですが、本人が治療してもパートナーが未治療であれば再度感染する恐れがあるため、患者とパートナーの双方が医療機関で性病の検査と治療を受けることが不可欠となります。

コンドームは避妊具として重要ですが、なによりも性病の予防に対して非常に重要です。淋菌を例として挙げると、コンドーム無しの1回のセックスで淋菌に感染する確率は30%もあるとされています。コンドームはオーラルセックスを含め、粘膜接触の最初から着用しなければなりません。

更年期障害のホルモン補充療法

50才頃の閉経をはさむ、女性の45〜55歳が更年期に該当します。年齢に伴う身体・精神機能の変調とエストロゲン(女性ホルモン)の低下で、様々な不定愁訴(漠然とした身体的愁訴)をきたします。これを「更年期障害」といいます。更に子供の自立、閉経、ほかの病気への不安といった心理・社会的因子も関与してきます。

更年期障害の症状は非常に多く、月経異常に加え、のぼせ、冷え性、動悸、めまいなどの血管運動神経症状。頭痛、憂鬱、気分不安定など精神症状。肩こり、腰痛など運動器症状の原因となります。ただしこれらの症状は更年期障害以外でも起きるので、自己判断せずに内科、整形外科、精神科の診察を受けて、疾患の除外診断をしてもらうことが必要です。

医師は症状の程度を把握して治療を開始すべきかどうかを判断します。ホルモン検査(エストロゲン、ときにFSH・LH、甲状腺ホルモン)を調べるのが最善でしょうが、「簡易更年期指数」等で迅速に判定することも可能です。更年期症状を「強・中・弱・無」と点数づけして合計点で評価します。

更年期障害の治療は、自然に近い形で天然型エストロゲンを補充する「HRT(ホルモン補充療法)」が効果的です。エストロゲンの副作用も考慮し、黄体ホルモンの併用はもちろん。吸収が良く、肝臓を経由しない貼付薬が主流となっています。

HRTの適応は更年期障害のみならず、泌尿器症状の改善、晩期症状の骨粗鬆症、脂質異常症、それに続く動脈硬化・虚血性心疾患予防に有効です。

数週間に一度の混合彫るオモン注射、漢方薬も選択肢です。普及率が数%と欧米の十分の一に留まるHRTを見直す必要があります。現在平均寿命は80歳を超え、閉経後長期間低エストロゲン環境が続きます。

子供のメタボリックシンドローム

食育基本法が平成17年に成立して、食育は知育、徳育、体育の基礎となるべきものと位置付けられました。子供たちが豊かな人間性をはじめ、生きる力を身につけていくためには、何よりも「食」が重要というのであります。

生活習慣病の予防は子供のころからと、6〜15歳を対象とする「メタボリック症候群」の診断基準を、厚生労働省研究班が作りました。メタボリック症候群は、内臓脂肪症候群とも言われ、動脈硬化を引き起こしやすく、基準はウェストのサイズが最も重視されます。

男女とも80cm以上を赤信号とし、その上で、血圧、空腹時血糖、脂質異常症の3項目のうち2項目以上に当てはまる子供を、「小児メタボリック症候群」としました。小中学生でも、肥満児(肥満度20%以上)なら、5〜20%が当てはまる可能性があるといわれています。

小児の肥満が問題になる理由は、このように小児肥満も成人肥満同様心身の健康障害をもたらすことがわかっていて、小児においても肥満症の判定基準が提言されてきたこと、また、小児肥満が増加していて、学齢期小児では、10人に一人が肥満と言われていること、およびわが国の生活環境は、いろんな意味で小児肥満を増加させる必然性があることなどが挙げられます。

生活習慣病の大きな要因の一つは「肥満」であって、原因として、動物性脂肪の多い食事や運動不足などです。肥満の判定には、肥満度とBMIの2つが最も中心的な方法ですが、わが国では、小児には、肥満度が最もよく使用されてきました。

食事、運動などの生活習慣を見直さない限り、小児肥満(脂肪細胞が増える)が、やがては成人肥満(個々の脂肪細胞が大きくなる)につながり、脂質異常症、高血圧、糖尿病といった生活習慣病を誘発することになります、文部科学省の調べで20年位前から基礎的運動能力・握力の低下が見られるといいます。

これは画一的な食生活や運動不足で肥満が進み、足腰が十分発育せず、短足で胴長族が増えていると分析しています。携帯電話、コンピューターなどに夢中にならず、まず体を動かす習慣を身につけることが大切です。バランスの良い食材で、毎日3食しっかりとり、ゆっくり良く噛み、運動不足を解消して、まずは、肥満にならないように気をつけましょう。